カードローンとキャッシングの違い

カードローンとクレジットカードのキャッシングには、違いがあるのでしょうか。大雑把に考えれば、どちらも融資には変わりなく、使い道に限定もないので、利用する立場から考えれば大して変わりはありません。

利用する立場から考えて、気持ちの問題があるかも知れません。どちらもお金を借りるのですが、カードローンでは借金というイメージが強く、キャッシングはそのイメージが弱いように感じる方も少なくないでしょう。

カードローンとキャッシングの違いは、定義があり違うものになります。このことについて説明していきましょう。


定義でいわれていることは、キャッシングは借り入れる期間が短期間で返済する融資で、カードローンはこれと反対に長期的に借り入れて返済する、計画的融資になります。

もう少しわかりやすく具体例を挙げて説明しましょう。

キャッシングの場合は利用限度枠が設定されています。これは、契約時に審査によって決定される金額で、利用できる上限の金額が提示されます。この金額は、クレジットカードで利用できる金額で、ショッピングで利用する分と、キャッシングできる金額の合計が示されています。

提示されている金額が、例えば10万円であれば、ショッピングとショッピングの金額の合計が10万円まで借り入れられるということです。もし、ショッピングで10万円利用したならば、キャッシングは借り入れられません。

これがカードローンの場合は、同様に利用限度額が10万円の場合、10万円全部が融資になります。

返済の場合の違いは、クレジットカードの場合は、翌月一括払いから、分割払いやリボルディング払い、または、一月の返済額が一定の支払い方法があります。また、支払い途中で支払い方法が変更も出来ます。

しかし、カードローンの場合は、各ローン会社が設定する支払い方法一定していて、リボルディング払いや分割払いが設定されています。しかし、この返済方法も、追加返済することも自由で、任意に増額返済することもできます。この場合の金利の計算は行われ、増額した分の中から金利が引かれます。
この他にも細かな違いはありますが、大まかな部分はこのようなことが違います。