カードローンの特徴!大口ローンとの違い

ローンカードとはローン専用のカードのことで、カード会社が提携している銀行や郵便局のATMを利用して、融資や返済のできるカードのことです。このローンカードは、主に個人向けに融資されるローンです。

ローンといえば、これまでは車や家の購入代金のように、融資金額の大きな大口のローンでしたが、カードローンで扱う融資は、小口のローンが大半を占めています。

この大口のローンとカードローンの違いを挙げてみましょう。


大口のローンの場合は、融資を受ける目的が限定されていて、融資を受ける契約の都度に名目を明記して契約書を作成しました。また、この融資には、契約の都度に担保が必要で、連帯保証人なども設定しなければなりません。

しかし、カードローンの場合は担保になるものもいりませんし、連帯保証人の設定も不要です。契約は最初に交わすのみで、本人確認と信用情報が参考にされて審査されます。この審査の結果により融資額の限度額が設定され、この利用目的は限定されず、限度額以内なら何に使っても構いません。

カードローンの医療限度額は数十万円ほどの少額で設定されます。

大口のローンとカードローンの違いは、大口の場合は融資を受けるために銀行などの窓口へ行き、そこで融資の相談をしなければなりませんが、カードローンの場合は、最初の契約のときに窓口へ行くか、最近はインターネットで契約できるものもあります。

大口のローンの返済は、契約の銀行からの引き落としで行われますが、ローンカードの場合は、銀行引き落としに加え、銀行や郵便局のATMから返済もできますし、ネットバンキングによる振り込み返済も可能です。

カードローンは大口のローンに比べ、少額ではありますが借りやすさと返済のしやすさが特徴です。