カードローンの様々な返済方法

カードローンを利用するときに最も気になることは、借り入れの金利に返済方法ではないでしょうか。はじめてカードローンを契約されるのであれば、このことはなおさらでしょう。返済方法にはさまざまな方法があり、不安になることもあると思いますので、カードローンの返済方法について説明します。

まず、元金均等方式という返済方法があります。この返済方法はカードローンなどで借り入れた金額の総額を、期日を指定して返済回数を決め、この返済期間の回数で借入金額を月割りにして返済する方法です。


この元金均等方式では、利息は元金の残高によって決まります。トータルで考えると同じ金利で他の支払い方法と比較した場合、最も少ない金利の支払い方法になります。

次に元利均等方式ですが、この返済方法では元金と金利の合計を、指定した返済期間で月割りにして、一定金額で毎月返済していきます。この返済方法の特徴は、毎月の返済金額が同じなのでわかりやすく、返済計画の立てやすいことも特徴です。

そして、リボルビング払いです、この言葉はよく聞く支払い方法ではないでしょうか。
このリボルビング払いの特徴は、毎月の返済金額を支払い前に決定しておき、返済期間と返済回数で調整する支払い方法です。

リボルビング払いの利点は、毎月の支払金額を低く抑えることができます。カードローンの支払いを無理なく設定することができます。どのような方に向いているかというと、毎月の収入が一定していない個人事業主の方などに向いています。

リボルビング払いのデメリットは、毎月の返済金額が低く一定していますが、返済期間が長期化することで、次の借り入れを起こしにくいことが挙げられます。さらに、返済期間が長期化することで多額の金利を支払うことになります。

以上がカードローンの主立った返済方法です。カードローンの返済方法は選択できませんが、カードローンの商品によって返済方法が違いますので、契約前に確認してカードローンを選びましょう。