カードローンを利用するときのメリットとデメリット

カードローンは、イメージとして良いイメージを持つ方はいないでしょうが、もしもの時や収入の安定していない方にとっては、便利な借り入れ方法になります。

例えば個人事業を行っている方であれば、融資はなかなか取り付けられないことが現状で、資金繰りに困ることは良くあります。個人事業ですから大口の借り入れではなく、小口の借り入れを起こしたいときに便利な方法になります。

このように使い方によっては便利なカードローンですが、ひとたび使い方を誤ると、さまざまなトラブルになります。これは社会問題にもなるほど危険性の高いものです。

そこでカードローンのメリットとデメリットについて考えてみます。


まずメリットとしては、カードローンの特徴ともいえる融資の速さです。新規に契約する場合でも、即日に審査結果がわかり融資枠が決定します。また、契約後は、利用限度枠内でATMを利用して、いつでも借り入れができます。

カードローンは契約に際しての、保証人も借り入れの担保も不要です。本人確認ができれば、書類を作成して審査に入ります。また、最近ではインターネットから契約を交わすシステムがあり、手軽に契約できます。

カードローンの年齢制限はほとんどの場合、20歳以上の方ならアルバイトやパートの方でも契約が可能です。利用できない方では大学生の場合です。
それではデメリットについて考えます。

一番に挙げられるデメリットといえば、金利高いことです。契約しやすい分、金利が高めに設定されています。長期に借り入れするには問題があります。
更に、高額を借りるには向いていません。これも金利が高いために、数百万単位で借り入れるタイプではありません。

利用限度枠が高額に設定できるものもありますが、借りすぎないように最初に少額に設定することも、トラブル回避の方法です。以上がカードローンのメリットとデメリットです。よく考えて、しっかりと返済計画を立てて利用しましょう。