ヤミ金業者には十分に注意を!

カードローンには悪質な金融業者も多く存在しますので、契約を交わすときには十分に注意が必要です。そこでどのような悪質な金融業者があるか紹介していきます。

ここで紹介する悪質な金融業者はカードローンに限らず、悪質な貸金業を紹介します。
悪質な貸金業の特徴は、法律で定められている金利以上の高金利で貸し付ける業者をいいます。これから挙げる金乳業者には十分に気を付けましょう。


トイチ金融業者と呼ばれる業者で、昔はトイチといい高金利で貸し付ける業者のことをいいましたが、現在は、都(1)第○○号というように、貸金業としての認可を受けながら、高金利の貸し付けを行うところをいいます。貸金業の認可を受けているので、トラブルに巻き込まれやすく見分けが付きにくいこともあります。

整理屋は、カードローンなどで複数の会社から借り入れを起こしていて、この借り入れを債権整理すると持ちかけ、高金利の借り入れの契約を結ばせる業者のことです。多重債務者をターゲットにしていますので、返済に困った方が騙されやすい手口です。

債務整理は弁護士が行うものです。紹介屋は、簡単に借り入れができることをうたい文句に、高金利で貸し付ける業者を紹介して、尚かつこの業者を紹介したという、多額の紹介料を騙し取る手口です。これは、明らかに詐欺になります。

また、090金融といい、業者の連絡先が携帯電話になっていて、この段階で怪しい業者であることは明白なのですが、多重債務に陥っている方は、返済のために借り入れを起こすことがあり、このような業者から借り入れるようです。

貸金業は実にたくさんの業者があり、お金をお使う業者ですので、まず疑うことから考えなければなりません。銀行や信販会社、または消費者金融から借り入れを起こす場合にも、まず名前の通った業者から借り入れることにしましょう。聞いたこともないような名前の業者は、危険な業者がほとんどです。