信販系カードローンの特徴

カードローンに契約を検討されている方で、普段にクレジットカードをよく利用される方なら、そのクレジットカードを提供している信販会社が取り扱うカードローンがあります。
信販会社が取り扱うカードローンは、契約時審査が銀行系のカードローンよりも基準が低いので、契約が結びやすいことと、利用限度額が良くなる傾向があります。信販系のローンカードなら、普段利用しているクレジットカードと併用して使えますので、便利に利用できます。
また、ローンカードに抵抗のある方でも、信販会社が発行していることで安心できますので、これに契約する方も増えています。


信販会社が提供するローンカーで代表的なニコスカードローンについて、少しご紹介します。
ニコスはクレジットカーでは利用者の最も多いカードとして人気もあり、信用性も利便性も高いものです。
そのニコスが提供するカードローンは、利用可能額が1万円から500万円と幅広く、この範囲内で利用限度額が設定され、10万円から500万円で決定し、これに応じて金利が設定されています。金利は6.0%〜17.6%の利率で金額に応じて課せられます。
利用限度額は申込時に希望の金額を提示しますが、契約時の審査により希望の金額に添えないこともありますが、契約の審査基準が銀行系よりも低いので、希望金額よりも低くなっても契約は交わされるでしょう。
ニコスカードローンは提携している銀行やゆうちょのATMが多く、大手都市銀行はもちろん、地方銀行や信用金庫にも対応していて、セブンイレブンやファミリーマートなどのコンビニでも対応が可能です。利用できるATMの数は全国に13万台以上が利用可能で、とても便利に利用ができます。
このすべてのATMで借り入れと返済が可能ですが、一部信用金庫では借り入れと返済ができないところもあります。